学 会 誌 『 技 術 と 文 明 』
 『技術と文明』は日本産業技術史学会の学会誌です。産業技術に関する諸問題を、古代から現代にいたるまで歴史を軸としてさまざまな観点から取り上げた論文、研究ノート、資料紹介などを掲載しています。
 編集のポリシーとして、論文は実証的で新しい視点に立って学説を展開したもの、研究ノートは独創的に分野を実証的に研究したもの、 また資料紹介は未発表の貴重な文献資料や産業記念物を解説したもの、を求めてきました。
 本誌は創刊以来の印刷版『技術と文明』と同別号(電子版)からなっています。

『技術と文明』(印刷版)  
11巻から直近刊までの目次とPDF
1巻から10巻までの目次とPDF
編集委員: 田中一郎(委員長)、石村眞一、後藤邦夫、中岡哲郎、橋本毅彦、麓 和善、堀尾尚志
制作・出版:
思文閣
  
『技術と文明』別号(電子版)
2016年度に設置したアクセスフリーの電子ジャーナルです。
編集委員:石村眞一(委員長)、後藤邦夫、鈴木 淳、田中一郎、夏目賢一、平野恭平、廣田義人、堀尾尚志、馬渕浩一
『技術と文明』(印刷版)、同別号(電子版)それぞれの投稿規定については、
「会員のページ」>投稿案内 をご覧ください。