会 員 の 本     (2009年以前遡及入力中)
会員から報告のあった刊行物を、直近のものから遡及的に並べています。
それぞれについての詳細は、各行末をクリックしてください。
近 刊
石村眞一 『日本の屋敷林文化 -美しい樹木景観を求めて』
山と渓谷社、2017年2月 260x185 367ページ

屋敷林を理解するために/九州地方の屋敷林/九州地方の屋敷林/中国。四国地方の屋敷林/
近畿地方の屋敷林/中部地方の屋敷林/関東地方の屋敷林/東北地方の屋敷林/
北海道地方の屋敷林/福島県大玉村の屋敷林を通して、今後の屋敷林の継承を考える/
日本の屋敷林文化を考える
>
井上尚之 『日本ファイバー興亡史 ―荒井溪吉と繊維で読み解く技術・経済の歴史』
大阪公立大学出版会、2017年2月 210x150 117ページ

 戦前は(財)日本合成繊維研究協会、戦後は高分子原料開発技術研究組合を組織し、日本の高分子産業を 世界的な存在にした埋もれたオーガナイザー荒井溪吉に日本で初めて光を当てた。
明治の産業-生糸/日本の産業革命の中心産業/再生衣料レーヨンの登場/
それはニューヨークタイムズ「合成シルク」の記事から始まった/ナイロンショック/
太平洋戦争後の荒井渓吉の活躍/戦後繊維産業の隆盛と凋落/化学繊維と環境
佐藤達男 『中島飛行機の技術と経営』 (2016)   詳細
麓 和義・窪寺 茂 『阿弥陀寺本堂調査報告書』 (2016)   詳細
国立科学博物館産業技術史資料情報センター  『日本のものづくり遺産―未来技術遺産のすべて』 (2015)   詳細
田中一郎 『ガリレオ裁判—400年後の真実』 (2015)   詳細
沢井 実 『八木秀次』 (2013)   詳細
沢井 実 『マザーマシンの夢 日本工作機械工場史』 (2013)   詳細
沢井 実 『近代大阪の産業発展 集積と多様性が育んだもの』 (2013)   詳細
沢井 実 『近代日本の研究開発体制』 (2013)   詳細
中岡哲郎 『近代技術の日本的展開 蘭癖大名から豊田喜一郎まで』 (2013)   詳細
長島 修 『官営八幡製鐵所論 - 国家資本の経営史』 (2012)   詳細
石村眞一 『日本の曲木家具 - その誕生から発展の系譜』 (2012)   詳細
橋本毅彦 『飛行機の誕生と空気率額の形成 - 国家的研究開発の起源をもとめて』 (2012)   詳細
沢井 実 『近代大阪の工業教育』 (2012)   詳細
沢井 実 『通商産業政策史1980-2000 9 産業技術政策』 (2012)   詳細
廣田義人 『東アジア工作機械工業の技術形成』 (2011)   詳細
洪紹洋 『台湾造船公司の研究』 (2011)   詳細
田口直樹 『産業技術競争力と金型産業』 (2011)   詳細
石村眞一 『カンチレバーの椅子物語』 (2010)   詳細
岡田厚正,高安礼士,亀井修,前島正裕,西川稔 『産業技術誌 -科学・工学の歴史とリテラシー-』 (2010)   詳細
竹中道具館 『大工道具物語 ―水彩画でつづる、竹中道具館収蔵品』 (2009)   詳細
大淀昇一 『近代日本の工業立国化と国民形成 ― 技術者運動における工業教育問題の展開』 (2009)   詳細
中岡哲郎 『日本近代技術の形成 - <伝統>と<近代>のダイナミクス』 (2006)   詳細
鈴木 淳 『ある技術家の回想 - 明治創世記の日本機械工業界と小野正作』 (2005)   詳細